美白化粧品に入っているビタミンCの効果

MENU

日焼けをリセットして美白を導くビタミンCの効果

ビタミンCの効果

ビタミンC肌のハリのもとであるコラーゲンを作るのに、不可欠です。

 

肌の老化を招くといわれている活性酸素を消去する働きがあるので、シミやシワ、乾燥などの肌のトラブル対策にも効果があります。

 

シミにビタミンCが効くと言われる理由
ビタミンCには紫外線ストレスを消去してくれる作用があり、またシミが黒くなる働きを抑える作用があることがこれまでの研究によってわかっています。
そのためビタミンCは美白化粧品には必ずといっていいほど含まれている人気成分です。

 

実は、犬や猫、マウスなど多くの動物は、自分の身体でビタミンCを作ることができます。
しかし人間やサル、モルモットなどは自分の体内でビタミンCを作ることができないので食べ物などから補給する必要があります。

 

ビタミンCを多く含む食材って?
ビタミンCは多くの野菜や果物に含まれています。
特に多く含まれているのは緑茶や赤ピーマン、キウイ、ブロッコリーです。
実は、真っ先に連想するレモンに含まれるビタミンCは意外にもそれほど多くないのです。

 

美白化粧品などコスメに含まれるビタミンCとビタミンC誘導体の効果

ビタミンCはそのままでは変質しやすい成分です。ビタミンCを化粧品に配合する場合は冷蔵庫に保存するなど扱いに大変な注意が必要なのです。
そのビタミンCを安定化させ、扱いやすくするために工夫された成分が「ビタミンC誘導体」です。
ビタミンC誘導体は安定した成分で変質しにくく、しかもちゃんとビタミンCに変化して効果を発揮する頼もしい成分なのです。

 

ビタミンC誘導体には種類がたくさんある!

美白・美肌に欠かせない成分

ビタミンC誘導体は、肌にのせるとすぐに働くビタミンC誘導体と、肌の奥で分解されてじわじわと作用するビタミンC誘導体があります。
異なる種類のビタミンC誘導体を組み合わせると肌の表面肌の奥とダブルで効果を発揮してくれます。

 

美白・美肌成分はいろいろ出てきているけど今でもビタミンCは効果あるの?
ビタミンCは100年近く前に発見された成分で、聞きなれていて逆に目新しさを感じないかもしれません。
でも、ビタミンCは長く使われてきてその安全性効果を実証する研究データがたくさん積み重ねられています。

 

ビタミンCはいまでも注目され、さらに研究が進められている最先端の美容成分なのです。

 

潤いナイト美容液のラピエルはたくさんの美容成分が含まれているのですが、ビタミンCは含まれていません。
だから、ビタミンCを含む化粧水を合わせて使うとラピエル相乗効果でさらなる美白美肌効果が狙えます。