肌への負担の少ないクレンジング方法

MENU

クレンジングはどうしても肌に負担がかかります。肌への刺激を最小限に抑えることがポイント

肌に刺激のない洗顔

クレンジングがよく落ちれば良いというものではないのです。
毎日のクレンジングについて、あなたはどんなことに気をつけていますか?

 

「メイクの落とし残しがないように、しっかりクレンジングするようにしている」という人が多いのではないでしょうか?

 

実は、そういったクレンジングの考え方には、落とし穴があります。
確かに、メイクは落とした方が良いものです。
でも、メイクを落とすためにクレンジング料にもそれなりの刺激があり、肌に負担がかかります。
いくらメイクがよく落ちても、刺激が強すぎるクレンジング料を使えば、メイクを落とさないことよりも、肌にダメージを与えてしまうことにもなりかねないのです。

 

クレンジングは界面活性剤で油性の汚れを落とす

粉白粉

そもそもクレンジングは、ファンデーションなどのメイクアップ料を落とすためにするものです。
メイクアップ料は油性で、水や洗顔料だけではすっきり落ちないため、脂分を「乳化」して落としやすくする必要があります。
この乳化を助けるのが、クレンジング料に含まれている「界面活性剤」です。
界面活性剤は少なからず肌に刺激を与えます。

 

できればメイクをせず、クレンジングをしないことが肌にとっては良いのですが、そうもいかないでしょう。
ちなみに、ルースパウダー(粉おしろい)だけを使った場合は、クレンジングの必要はありません。

 

 

界面活性剤

界面活性剤とは、油と水など性質の違うもの同士の境界面(界面)に吸着し、界面張力を低下させお互いを混ざりやすくする物質です。
化粧品ではクレンジング料などに含まれ、油汚れを水で洗い流しやすくします。
液体を乳化してクリームや乳液をつくるときにも用いられるため、「乳化剤」とも呼ばれます。

 

ちなみに、「石鹸」にも似たような洗浄力がありますが、石鹸の洗浄成分は、界面活性剤ではなく、石鹸成分です。